携帯キャリアの「4G」と「LTE」を比較!?

IT技術の進歩は半端ではない速さがあり、ふだんからメカに弱い私は、ついていくのに精いっぱいです。
携帯電話を持ち始めたのはけっこう早かったのですが、固定電話が使えないときの「御守り」としてですから、基本的な機能があれば十分なのです。
しかし、私と同じ世代の友人のなかには、次々と新しい機種や、それに関するツールなども導入している人もいます。
この間も「4G」と「LTE」を比較したと聞きました。
そんなこといわれても、そもそも「4G」とか「LTE」、ましてや、比較する意味がわかりません。
かくいう友人も、深く追求されると説明できないそうなので、それなら調べたほうが早いので、自分なりに調べてみました。
まず、「4G」というのは、第4世代携帯電話の通信システムのことで、そのひとつ前に「3G」という第4世代携帯電話の通信システムがあります。
そして、「LTE」は、その間にあるのですが、「4G」と呼んでもいいということで、携帯キャリア(4社)のなかでは、そのように対応しているところもあるみたいです。
それにしても、ほんとうにややこしい話ですね。
あまり、考え過ぎるとますます混乱しそうなので、この辺にしておきたいと思います。